そんな日も 、 あるよね 。 ○¨

東南アジアを旅していた傍ら、ちょこぽことやっていたブログ『^^とっとちょっといってきまーす。。○¨』から1年とちょっと。         写真ブログを始めることにしました。´∇`*¨  そんな日も、あるよね。 ○¨

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

 スナーダイクマエ孤児院を訪れて

image_20130206124636.jpg

施設を訪問させていただいてから、ずいぶんと時間が経ってしまいましたが。。

そのときのことを綴らせていただきました

やっぱり長めの文になってしまいましたが、、よろしくお願いします





シェムリアップに着いた頃、
私のFacebookでの投稿を見た先輩が、私にメッセージをくれました。

「ちーちゃん
余計なお世話かも知れないけど、シェムリアップには『スナーダイクマエ』という、日本人経営の孤児院があるよ

僕は10年弱前に、一人でアポ取って見学に行き、子供達とサッカーで交流したり、日本語授業に参加させてもらったよ。

もし時間と興味あれば、行ったらきっと感じることもあると思うよ。」


そうメッセージをくれた先輩は、私の今回の旅を、決して甘やかさない視点でアドバイスをくれたりと応援してくださっていました。

このメッセージで私はスナーダイクマエ孤児院を知り、連絡をとって、訪れさせていただくことに…




まずは、スナーダイクマエ孤児院の紹介を。。

スナーダイクマエ孤児院は、約30年ほど前に難民として来日し日本で教育を受けたメアス・トミーさんが “自国に必要なのは子どもへの教育だ” と強く感じ、1998年に設立された孤児院です。

現在は、メアス博子さんがこの孤児院を運営されています。

2012年現在、8〜19歳の21人の子どもたちを預かり、
衣食住の提供・カンボジアの基礎教育を受けさせること・自立に備えた基本的生活習慣の指導・語学教育による職業訓練・農業や養鶏・伝統舞踊や絵画教室による情操教育 に基づき、子どもたちが将来社会の構成員として自覚をもって自立してゆくためのサポートを行っています。

孤児院で預かっている子どもたちは、貧困や虐待を理由に親と生活を共にできない子どもや、両親または父親・母親のいずれかがいません。

シェムリアップ市内だけでも、福祉局が把握しきれていないものも含めると、何十もの孤児院があるそうです。

「 貧困 」を受け入れの対象にすると、カンボジアには数えきれないほどの対象者がいるので、ここ近年は特に、より弱者の子どもたちを…ということで、虐待を理由に保護された子どもたちを預かるケースが増えています。

孤児院運営資金は、年間約600〜700万円で、設立当初はその活動資金を寄付金に頼るところが大きかったようですが、現在ではスタディツアーの受け入れ、ポストカードやTシャツの販売、鶏卵販売、日本での絵画展開催に伴う物品販売などによる自己資金の調達も増えてきました。
内務省にNGO登録しているものの、カンボジア政府からの補助金などは一切ありません。





ここでちょこっと、

カンボジアという国の背景を。。


カンボジアでは、1975年からの4年間のうちにポル・ポトの政権下で多くの民衆が虐殺されました。
当時の人口約800万人のうち約300万人もの人々の命が、この数年間の間に奪われたのです。
子どもたちは教育を受けることを禁じられ、学校は壊され、教師は虐殺されました。
医者や教師はじめ多くの知識人が虐殺の対象となりました。
日に日に虐殺される人の数は増え、単にメガネをかけた人、柔らかな手の人、都市に住む人‥たったそれだけの理由で、数えきれないほどたくさんの人々が現在トゥール・スレーン博物館(プノンペン)となっている場所などへ連行され、劣悪な拷問を受け、その拷問苦から解放される為嘘の告白書を書き、キリング・フィールドと呼ばれる場所(当時300ヶ所ものキリング・フィールドがありました)で子どもたち含めたくさんの人々が、虐殺されました。

家族はばらばらに暮らすことを強いられ、子どもたちも農作業やダム建設などに駆り出されました。
飢えに苦しみ、栄養失調から病気になっても医者や病院はありませんでした。
仏教徒が国民の大半を占めるカンボジアで、人の道を説く僧侶たちも虐殺の対象となり姿を消していました。
学校に行けず家族の愛情もしつけも受けられず、空腹に耐えながら生き抜いた人々が、現在のカンボジアの子どもたちの親です。

そんな背景を背負って、いまの カンボジア という国はあります。





スナーダイクマエの子どもたちは、みんなと生活を共にしながら平日は毎日この施設から公立の小中高校へと通っています。

学校から帰ってきた後は、語学の勉強をしたり自習をしたり、サッカーやバレーボールなどをしたりしています。

サッカーとバレーボールのチームを作り、月に一度、他の孤児院の子どもたちと対抗戦をしているそうです。^^

そして食事の準備や後片付け、自分たちの身の回りのことを済ませ、10時頃就寝となりますzzz


今回は、子どもたちとの交流時間はありませんでしたが、博子さんから施設のこと、子どもたちのこと、現在のカンボジアの学校教育について‥たくさんのお話を聞かせていただきました。

博子さんは日本で息子さんを出産された後、息子さんが1歳のとき再びカンボジアに戻り、自分自身の子育てと並行して、2000年から本格的に孤児院での仕事を始められました。

当初は、子どもたちには道徳観念がなく、衛生状態も最悪だったそうです。
「嘘をつく」「物を盗む」そんなことは日常茶飯事。
共同生活でありながらみんなが協力して暮らすという考えは皆無だったそうです。
試行錯誤のなか、一緒に草木を植え、庭を造り、掃除・洗濯・食事の準備に後片付け、どれだけ時間がかかっても、分かるまで一緒にし続けたそうです。
みんなで食べる野菜を院内で育て、鶏の世話をして卵も採れるように。。
そのなかで、少しずつ子どもたちに思いやりの心が芽生え、協力して生きることの基礎ができたように感じられたそうです。


image_20130206124549.jpg
この絵は、つい最近、博子さんが日本へ帰国し施設に帰ってきたら子どもたちによって描かれていたそうです





高校を卒業する子どもたちのそれから先の進路についてのサポートも、博子さんはじめスタッフの方々が力を入れ行っていることのひとつです。

カンボジアの基礎教育の部分のレベルが低いことを、子どもたち自身自覚していて、大学の進学を求める子どもたちも多いようです。

また、最近の問題点のひとつとして、子どもたちは切羽詰まった経済的状況を経験していない分、職を求めることへの貪欲さがなくなってきているそうです。

スナーダイクマエで大人たちに大切に育てられ、安定した暮らしのなかで生きることができている、それはとても喜ばしい現実ですが、そういった問題もあるそうです。

ムズカシイ‥

これはスナーダイクマエに限らず、自分たちの世代含め先進国の現代の子どもたちにも言えることかもしれませんが‥


また、とりわけカンボジアでは、儲かるか儲からないかが、仕事選びの基準となることが多く、「やりがい」という観念はほとんどないそうです。




博子さん自身子どもたちと生活を共にし、孤児院を運営するなかで、たくさんの葛藤やご苦労があったそうです。

「そういった渦中にあるときこそ、半年後、1年後は笑って話せている
そのことを思う、イメージする
そして、結果 笑う ^^」

そんな風に爽やかな表情でおっしゃっていましたが、母国を離れ、自分の子育てだけでなく、たくさんの子どもたちを預かり育てていくということは、誰にでも容易くできることではありません。
これまでほんとうにたくさんのご苦労や努力があったことと思います。



また、博子さんは、

「自分が経験してきたもの‥そのなかでよかったと思うこと・考え
を子どもたちへ伝えていきたい」

そうおっしゃっていました。


そして、スタディーツアーなどで訪れた人たちに対して、

「何かをしてもらいたいわけではなく、その人たちにとって何かのきっかけになればいい、
子どもたちにとってもスタディーツアーで訪れた人たちとの触れ合いが楽しい
それでいいと思っている」

そう話してくださいました。




チェンマイ滞在時、アーサー・パッタナー・デック財団の運営するストリートチルドレンの子どもたちの生活施設「子どもの家」を訪れ、そこで長年働かれている出羽さんにお会いし、お話を伺ったときも感じましたが、
母国を離れ、子どもたちと関わりながら生きているおふたりは、ほんとうにたくさんのご苦労もあったかと思いますが、いい意味で 気負い がなく、または感じさせず、
軽やかさと潔さを感じました。


博子さんの持つ気負いない軽やかさとサバサバとした雰囲気、明るい笑顔^^そして、潔さ 。。


話を伺いながら、子どもたちに関わり生きていくなかでのヒントと気づきをいただけた気がします。


それはひょっとすると、子どもたちとの関わりだけでなく、人と関わりながら生きていく人生においても、たいせつなことかもしれない






「かわいいんですよ、この子らが^^」







博子さんはおっしゃっていました。

「子どもたちに一番望んでいるのは、結婚して“家族を大事にすること” 」


「結局自分のベースにあるものは親だと思う」







博子さん、施設の紹介はじめ、たくさんのお話を聴かせてくださり、伝えてくださって、どうもありがとうございました゛

そして今回いっしょに訪れた、あやさん*じゅん
それぞれに感じ方はあったと思うけど、いっしょに行けて共有できて、嬉しかった^^ ○゛


今回の訪問のきっかけをくださったマツモトさん*どうもありがとうございました○゛








今回 旅をしながら、強く感じることがある


人がそのときその瞬間、どう感じているか どんな気持ちにあるか 。。

程度の差やキャッチの仕方に多少のズレはあるかもしれないけど、


たしかにそれはその人の表情 顔 に ある 出ている


その人のそのときの顔 表情から、

それを感じるのです


それが言葉の通じる同国の人であっても、言葉は通じない他国の人であっても


そこからその人のそのときの気持ちを感じることが 人間 である私たちにはできる


今回の旅で、そんな瞬間に幾度となく出会い、感じ 心が触れる


わたしはそれをたいせつにしていきたい


いま書きながら、ふと思ったよ

にんげんて 人との間に生きるわたしたち

人との間に生きていく生きものだから、そんなココロや能力を授けてくれたんかな ?


人間 て、すごいね



わたし、人間に生まれてこれて、よかったよ




ありがとう



○゛




あれ、最後はちょっと話が別の方へと向いてしまったのですが、、



読んでくださって、どうもありがとうございました゛


最後に施設の写真を数枚載っけさせていただきます

image_20130206124450.jpg
image_20130206124454.jpg
image_20130206124546.jpg

子どもたちの描いた絵をもとにポストカードやTシャツが販売されています。
これらを購入することで、施設への運営費へと繋がります。


image_20130206124456.jpg
image_20130206124634.jpg
image_20130206124551.jpg

10年ちょっと前、博子さんが食べたマンゴーの種を施設内へ植えてみたら、今じゃこんな立派な木へと。。゛


image_20130206124705.jpg

ここで子どもたちはごはんを食べたり自習をしたり。。○゛







子どもたちの思い描く未来が、かたちとなっていきますように。○゛


 
さ 大人のわたし 顔 晴ろっと ^^ ○゛
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。